グラスウール

壁グラスウール 高性能で環境に負荷をかけない断熱材

グラスウールはガラス繊維です。
グラスウールは溶けたガラスをふわふわした綿状の
繊維にしたものです。その中に無数の空気室を
たっぷり含んでいるため、弾力性が高く、
コンパクトに圧縮でき、復元性や反発力にも
優れた特性を備えています。
顕微鏡写真でもわかるように、
1本1本の繊維が長く、均一で完全に繊維化され、
曲げや引っ張りにも強いので、幅広い製品群を
開発することができます。
また、素材そのものが不燃材で、防虫、防カビ
にも優れ、長期にわたって性能が劣化しません。

最も経済的で高断熱

経済性とは性能とコストのバランスです。
右のグラフはグラスウールを100として
「断熱性能あたりの価格」を比較した
ものです。ご覧のとおりグラスウールの
飛びぬけた経済性がわかります。
グラスウールを使えば、発泡プラスチック
系断熱材の4~6割もコストダウン
できます。

高い吸音性能

高い吸音性能を発揮するグラスウールは、
JIS認定音響材料として、劇場の音響調整用
および防音パネルなどの騒音対策材料
として幅広い用途で使われています。

高い耐熱性能

グラスウールは国土交通省から不燃材料と
して例示されている数少ない断熱材です。
長時間高熱にさらされても変形や劣化が
見られません。そのため、万一の火災時にも
延焼や類焼を防ぎ、被害を最小限に抑えます。

高い耐久性能

グラスウールは30年以上経過しても断熱性能
の低下はほとんど見られません。また、湿気を
ほとんど吸収しない無機素材ですから腐食、
風化の心配がなく、日本の夏のような高温多湿の
状態でも変形が見られません。建物の大敵で
あるシロアリの
食害にも強いことが実証されています。

エコマーク認定の断熱材

グラスウールは家庭から回収されるガラスビン
や建物、車の窓ガラスなどの資源を主原料に
製造されています。しかも、製造工程で発生した
端材なども再処理され再利用されています。
現在、市場で発生したグラスウールの廃材に
ついてもリサイクルへの取り組みが始まっています。
リサイクルでエコマーク認定を取得している断熱材です。

床グラスウール
天井グラスウール

詳しくは、ガラス繊維協会のホームページ http://www.glass-fiber.netをご覧ください。